こんにちは! 新発売のHONDA N-VAN の長距離インプレッション、今回でパート3です。

特筆すべきはステアリングフィール

初めてのトンネルを通過した後は、再び緩やかなアップダウンとカーブが続く。

N-VANはというと、そつのない走りに終始している。乱暴に運転すると多少のふらつきを見せるが、それをカバーするのは運転手の役割だ。スムーズな運転を心がければ、N-VANもそれに応えてくれる。

ワインディングを走っていると、改めてステアリングの出来の良さに気づくことになった。ひと昔前のホンダ車(第二世代のフィットなど)のステアリングといえば、駄作というほかないレベルの酷い仕上がりであったが、N-VANのステアリングはというと、操舵感こそ軽いが、決してスカスカではなく、まるで長年運転しているクルマの様に手に馴染む。

貨物車のステアリングとしては、私が今まで運転したクルマの中で一番と断言できる。N-VANを運転した後では、これまで一番だと思っていたトヨタ・サクシードのステアリングが、とんでもなく低レベルに感じてしまうほどだ。

ただし、ひとつ断っておくが、スポーツカーなどと比較するような代物では決してない。

融通の利かないホンダセンシング

最初の峠を越え終えたころ、前方に工事看板が見えてきた。「この先片側交互通行」とある。

どうやら、自分の車線が工事により塞がっているようだ。ちょうど通行できるタイミングだったので、交通誘導員の指示に従って反対車線側に出て、工事区間を通り過ぎたのちに元の車線に戻った。

実は、この手の片側交互通行を通過する際は、少しだけ注意が必要だ。

N-VANには、最新世代のホンダセンシングが標準装備されている。カメラとミリ波レーダーを組み合わせ、常に前方を監視しているらしい。

その機能の中に、「路外逸脱抑制機能」というものがある。クルマが車線を逸脱して路外に出そうになった時、ステアリングをイン側に戻すという機能だ。

居眠り運転などによる事故防止に役立つ機能ではあるが、現実の道路においては、ちょっと困った事態が発生することになる。

今回のような片側交互通行の場面では、右側車線に移る前にきっちりウインカーを上げておかないと、右側車線に出た瞬間に当該機能が作動し、クルマを元の左側車線に戻そうとするのである。

右左折時においては殆どのドライバーがウインカーを出すが、片側交互通行で右側車線に移る際にウインカーを出さないドライバーは意外と多い。工事に気をとられていると、クルマの意図せぬ挙動に驚くことだろう。

ウインカー点灯は、車線変更の3秒前に。

N-VANに乗っている時は、いつも以上にこの原則を意識するようにしている。もっとも、今では「路外逸脱抑制機能」オフにしてしまっているのだが。

あ! やせいのエヌバンがあらわれた!

工事現場を通過したころ、私もN-VANもご機嫌であった。平均燃費計が示す数値は、ますます良くなって13Km/Lを超えた。

少し運転に余裕が出てきたころ、前方から何やら目を引くクルマがやってきた。先代のステップワゴンによく似たフロントフェイス。だが、圧倒的に横幅が不足している。

目を凝らしてみると、それは「プラススタイルクール」グレードのN-VANであった。カラーはブリリアントスポーティブルー・メタリック(要はブルーメタリック)で、遠くからでもよく目立っていた。

グレードこそ違うが、お仲間である。

向こうは気にも留めていないかもしれないが、私はというと、まだ街中で見かける機会が少ないせいか、何となくテンションが上がってしまう。

N-VANが走っているところを見かけるのは、実はこれが二度目だった。初めて見たN-VANは、私と同じイエローのプラススタイルファンで、レンタカーナンバーを付けていた。

販売台数の推移を見る限り、今のところ当初の計画通り月に3,000台ほどが納車されている。今後は少しずつ見かける機会も増えていくだろう。

軽バンとしては異端であるN-VANが、エブリイとハイゼットカーゴが築き上げた牙城をどこまで崩せるのだろうか。あまり期待はしていないものの、オーナーの一人としては、結構楽しみなのであった。

まだもう少しだけ続きます

今日はここらで止めにしておきます(´∀`) 最後までお読みいただき、ありがとうございました!