こんにちは!
今日は、私のセカンドカーであるHONDA S660をご紹介します。

HONDA S660について

私がセカンドカーとしてS660を所有できる理由

コミュ障である私は、一般の方々よりも交際費がかかりません。

その余ったお金をどうするのか?
無駄遣いで消費することになります。

そんな訳で、S660をセカンドカーとして所有しております。

私がS660を購入した理由

ほぼスーパーカー ※ただし、パワーを除く

S660は、HONDAではBEAT以来となる軽規格のミッドシップスポーツカーです。
発表時、クルマ好き(特にホンダファン)の間では大いに話題になりました。

S660については、私は全くのノーチェック状態でした。
当時の私は「パワーこそ全て」が信条だったため、最大でも64psの軽自動車は眼中になかったのです。

しかしながら、発売直後に起きたお祭り騒ぎにより、私の価値観が揺らぐことになります。

吹き荒れる絶賛の嵐。
嫌でも目に入る、大量の絶賛記事。(注:別に嫌ではありませんでしたよ!)

「S660って、そんなに良いクルマのかな・・・?」

アップされた記事を読んでみると、そこには驚きの事実が書いてありました。
軽自動車なのにスーパーカー級のコーナリング性能を持っているだと!?

一生購入できないであろうスーパーカーの領域を、軽自動車で垣間見ることができる。
しかも、エンジンはミッドシップレイアウトで後輪駆動!

気が付けば、馴染みの営業氏に商談のアポを取っていました。

容赦ないS660の受注制限

S660の生産台数は、当初1営業日につき40台(月産800台)でした。
ホンダ自身も大して売れるとは思っていなかったのでしょうが、これでは少なすぎました。

大人気のS660は、4月初旬には既に5,000台以上を受注。
販売開始直後にも関わらず、納車まで半年以上かかる計算です。

そのため、S660の発売当初は厳しい受注制限がありました。
ディーラーごとに受注可能台数が定められ、超えた分については拒否という有様。

実際、私がお世話になっているディーラーでも数台の割り当てしかなかったようです。

「今注文しないと、いつ買えるか分かりませんよ・・・?」

こんなことを言われたら、黙っていられません。
他の人にとられるのが嫌だったので、最初の商談で注文書にサインしてしまいました。

オプションてんこ盛りで3,000,000円也。
Polo GTIと同じくMT仕様。

アホですね。

ちなみに、私の場合は2015年4月に注文して2016年2月に届きました。

11ヵ月も待たされたわけですが、割と平常心で待つことができました。
というのも、降雪期間である12~3月はどうせ乗らないつもりだったからです。

まぁそのうち来るでしょ、って感じでしたね(`・ω・´)
今は数ヵ月も待てば納車されるみたいなので、羨ましい限りです。

インプレッション

さて、ここからはS660のインプレです。

211

S660に座ると、そこは別世界

S660に乗って驚いたのは、まずその着座位置の低さ!
普通に地面に手が届きます。

ハイト系の軽自動車やミニバンとは、全く雰囲気が違います。
後輪駆動のスポーツカーに乗ったことがない方なら、感動すること間違いなし。

しかしながら、低くて乗り降りが大変なので、クルマ好きでない人には基本嫌がられます。
私の場合は99%以上ひとりで乗っているんで、関係ないですけどね。・゚・(ノД`)

ちなみに、運転席と助手席では足元の広さが全然違います。

運転席は狭いながらも普通に脚を伸ばせる奥行きがあります。
一方、助手席は全く奥行きがなく、成人男性だと体育座りするような感じで座るハメになります。

アクセルを踏むと走り出す、マジで

軽は力がないと言われていますけど、S660は個人的には速いと思います。

Polo GTIのターボと比べればそりゃちょっとは違うかもしれませんが・・・
そんなに大差はないって一番言われていますし、それは間違いないと思います。

速度に関しては多分普通車も軽も変わらないでしょう。
普通車か軽かでそんなに変わったら、アホ臭くて誰も軽なんて買いませんから。

個人的には660ccターボでも十分に速いです。

嘘かと思われるかもしれませんが、片側2車線の国道で50キロくらいでポルシェ911を抜きました。
つまりはポルシェですらS660のターボには勝てないというわけで・・・

それだけでも個人的には大満足です(´∀`*)

 

 

 

 

です。というか、コピペ改変ネタです。

やっぱりS660、直線ではクソ遅いです(´・ω・`)
走り出すと、あまりの遅さにビックリします。

Polo GTIの加速に慣れた後でしたので、なおさら遅く感じてしまいました。

たぶん、普通車のコンパクトカーと同じくらいの速さではないでしょうか。
皆さんよくおっしゃっていますが、100psは欲しかった(´Д⊂)

S660はリアル「スピンアックス」

S660が絶賛されたのは、前述のとおり異次元のコーナリング性能を持っていたからです。

ミッドシップレイアウトとアジャイルハンドリングシステムを併せ持つS660。
どんなカーブでも私の予想を超えてグイグイ曲がってくれます。

峠道をドライブしていると、ついつい「~でゲス!」と口走ってしまいそうでゲス。
「~でゲス」の意味が分からないという方は、私とはきっと世代が違うんでゲス。

Polo GTIよりもはるかにコーナリング性能が高く、本当に路面に張り付くような感覚でゲス。
FF車では味わえない感覚なので、それを知るためだけでもS660を買う価値は十分あるでゲス。

アジャイルハンドリングシステムとは

ここで、一応「アジャイルハンドリングシステム」の説明をしておきますね(´∀`*)

これは、カーブに対して内側のタイヤにブレーキをかけることで旋回性を上げるシステムです。
ABSの応用みたいな感じで、Polo GTIにも似たようなシステムが搭載されています。

左右のタイヤが全く同じスピードで回転しているとクルマは直進しますよね?
どちらかのタイヤの回転速度が落ちると、落ちた側にクルマは旋回を始めます。

通常は内側のタイヤがわずかに滑る(実質的に速度が落ちる)ことで旋回しています。
内側のタイヤにブレーキをかけてそれをアシストすると、より旋回しやすくなるという理屈です。

このシステム、かなりの負荷をかけないと働かないみたいですけどね。

212

S660はオトナのオモチャ

S660のデザイン大のお気に入りです。

スーパーカーっぽいんだけど、本物のスーパーカーではない。
かといって、決してチープなニセモノではない、という絶妙なライン。

私、S660は実際に乗って遊べるプラモデルだと思っています。

プラモデルというと、やっぱり改造したくなるのが人の性。
私も既にかなりいじり倒しています(´∀`*)

実際、S660を全くのドノーマルで乗っているオーナーさんは少ないんじゃないでしょうか。

アフターパーツが豊富なので、簡単に自分だけのS660を作り上げることができますからね。
ネットで色んなオーナーさんのS660を見るのは、ホント楽しいですよ(暇人)

S660の欠点、それは・・・

あまり書きたくないですが、欠点もそれなりにあります。
箇条書きするとこんな感じ。

  1. 内装がチープ
  2. 走行中、車内が我慢できないレベルで騒々しい
  3. オープン時の風の巻き込みが半端ない

ひとつずつ、順に説明していきます。

欠点その1:内装がチープ

走りとエクステリアにコストを全振りした結果、インテリアのクオリティはイマイチです。
素晴らしいのはステアリングくらいでしょうか。

シートはパッと見イイ感じなのですが、私には合わないようで、腰が痛くなります。
純正オプションのランバーサポートを使えば、多少マシになるかもしれません。

シートについては個人差があると思いますので・・・
可能であれば購入前に試乗することをオススメします。

欠点その2:車内の騒々しさ

その2としていますが、欠点としてはナンバーワンなのが車内騒音。

遮音対策は全くされていないと言っても過言ではありません。
カム周りのメカニカルノイズや排気音が遠慮なく襲ってきます。

長時間乗っていると、耳と頭が痛くなってくるレベルです。

この厄介な車内騒音は、シート裏のデッドニングである程度対処することができます。
諸事情で当ブログには掲載できませんが、シート裏の内装を剥がし、鉛シートと吸音材(シンサレートなど)をこれでもかと貼りこめばOKです。

これだけで不快なノイズを殆どシャットアウトすることができます。
DIYで出来る作業なので、騒音にお困りの方はぜひチャレンジしてみてください。

作業時間は数時間程度です。

ただ、ここまでやったとしてもS660で長距離ドライブするのはオススメできません。
車内が狭い上に視界が悪いため、結局疲れちゃうんですよね。

欠点その3:オープン時の風の巻き込み

皆さん忘れていると思いますが、S660はオープンカーです。
しかしながら、オープン時の快適性はお世辞にも優れているとは言えません。

オープンにすると風の巻き込み音が酷く、私が我慢できるのはせいぜい60Km/hくらいまで。
小さいクルマなので、空力的にどうしようも無いのでしょうね。

番外:荷物が積めないのは欠点か?

その他、よく挙げられる欠点といえば「荷物の置き場がないこと」ですが・・・
それは分かって購入しているので、私にとっては欠点ではありません。

燃費性能

2000rpm以下ではトルクが全然ないので、私はどこでも2000~3000rpmで走っています。
それでも20Km/Lくらいの低燃費!

お財布に優しいクルマです。
しかしながら、タンク容量はたったの25Lなので給油回数は多くなります。

総評

そろそろ、まとめないとですね!

乗ってよし、見てよしのクルマで、素直に買ってよかったと言えます。
年1,000Kmペースでしか乗っていませんが、1年と数か月たった今でも乗るとワクワクします。

メインカーであるVW Polo GTIよりも長く所有することになるのは間違いないでしょう。

本当に楽しいクルマなので、興味のある方は、ぜひ一度オーナーになってみてください。

以上、HONDA S660のご紹介でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
そして、お疲れさまでした!