こんにちは!
今日はHONDA S660の純正車高についてのお話です。

S660のスポーツカーにあるまじき車高の高さ

S660を一定レベル以上のクルマ好きの方に見せると、必ず指摘されてしまう事があります。

それは、車高が高く見えるということ。

クルマの全高は低いのですが、フェンダーとタイヤの隙間が広すぎるのです。
計ってみたところ、なんと7cmもあります。

1

こんな感じ。

SUVかな?(´・ω・`)
腰高感がとまりません。

じゃあ、ダウンサスなり車高調なりで車高を落とそう!
そう思うのが普通だと思いますが、S660には車高を落とせない理由があるのです。

S660は車高を落とせません

その理由がこちら。

2

ヘッドライトです。

ヘッドライトの高さは、保安基準で以下のように定められています。
「下縁の位置が地上から0.5m以上となるように取り付けられていること」

あれ・・・?

(つд⊂)ゴシゴシ

(; ・`д・´)!?

ダメじゃねこれ?

ご覧の通り、純正車高ですらギリギリセーフの状態ですね!(`・ω・´;)

S660は、保安基準ギリギリの高さにヘッドライトがあるため、車高を落とせないという訳です。

モデューロフェイスのフォグライトは大丈夫

私のS660は、モデューロのフロントフェイスキットに換装しており、LEDフォグライトを装着済み。
フォグライトの高さは、保安基準で「地上から250mm以上1,200mm以下の位置」と決まっています。

3

カメラのアングルが今ひとつで申し訳ありません(´Д⊂)
フォグライトは10~20mmくらいの余裕がありますね。

なぜS660は車高が高いのか

そもそも、なぜフェンダーとタイヤの隙間をこんなに広くとっているのでしょうか?
調べてみると、タイヤチェーン装着のためにクリアランスをとっているという説が有力のようです。

S660にタイヤチェーンつける人なんていますかね?
せっかくのカッコいいデザインが台無しです・・・

保安基準を守りつつ車高を下げるには

腰高感を感じるのは、フェンダーとタイヤの隙間が広すぎるせいです。
ダウンサスや車高調で車高を落とす以外にも、それを解消する方法はあります。

タイヤの外径を上げてみる

タイヤの外径をアップすると、フェンダーとタイヤの隙間が小さくなり、車高が低く見えます。
加えて、大径化したタイヤにより上がった車高の分だけ、ダウンサス等で車高を落とせるようになります。

しかしながら、タイヤの外径を大きくするとスピードメーターの誤差も大きくなってしまいます。
車検のことを考慮すると、「純正の外径+数%」が限界。

机上の計算

試しに計算してみましょう。

S660の純正タイヤサイズは、フロントが165/55R15、リヤが195/45R16です。
その外径は、フロントが560mm、リヤが580mmです。

フロント・リヤ共に25mm(5%弱)くらいまでなら、外径を大きくしてもおそらく問題ありません。

仮にタイヤの外形を25mm大きくすると、車高は12.5mm高くなり、フェンダーとタイヤの隙間は12.5mm狭くなります。

さらに、ダウンサスで高くなった車高分(12.5mm)だけ車高を落としてあげると、フェンダーとタイヤの隙間は最終的に25mm狭くなるという訳です。

もともと7cm=70mmの隙間があったので、45mmまで隙間を減らすことができました。
それでも結構ありますけどね(´Д⊂)

タイヤ外形アップ作戦

タイヤの外径をアップするには、ふた通りの方法があります。

  1. タイヤのみ大径化する
  2. ホイールをインチアップし、同時にタイヤも大径化する

タイヤのみ大径化する

扁平率だけを変更し、タイヤを大径化する方法です。
しかしながら、タイヤが分厚くなり、スポーツ走行するには適さない方向へシフトしてしまいます。

タイヤの価格は安くなり、乗り心地も向上すると思いますが、S660には似合いませんね(´・ω・`)

ホイールをインチアップし、同時にタイヤも大径化する

扁平率を維持したまま、タイヤを大径化する方法です。
メリット・デメリット、それぞれいくつか思いつきますね。

メリット

  1. タイヤが必要以上に分厚くならないので、走りへの影響が少ない
  2. ホイールのデザインを自由に選べる

デメリット

  1. タイヤとホイール、両方の購入費用がかかる
  2. バネ下重量が増し、乗り心地が悪化する可能性が高い

メリットとデメリット、両方あるので悩んでしまいますが・・・
やはりこちらがベターな方法じゃないかなと思います。

扁平率だけを上げてしまうと、普通のコンパクトカー用みたいなタイヤしか販売されてないですし。

でも、私は車高を下げません(今のところ)

散々書いてきて申し訳ありませんが・・・

せっかくの純正ネオバ、ちゃんと最後まで使い切りたい。
そう思った私は、車高の高さについてはとりあえず諦めることにしました。

なので(?)、車高ダウン用にとっておいた予算でおニューのホイールを購入しちゃいました(*’ω’*)
この問題については、純正ネオバの交換時期が来たらまた考えることにしようと思います。

なお、ホイールのご紹介はまた別の機会にさせていただきますので、ご了承くださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは!