1605

こんにちは!
たかぶんです。

少し遅くなりましたが「CALLl OFDUTY: WW2」(PS4版)を購入しました!(*´Д`*)



ようやく製品版が発売されましたね!
めちゃくちゃ楽しみにしていたのですが、Amazon で購入していたので今頃のアップになりました。

記事のタイトル通り、とりあえずキャンペーンモードをひと通りプレイしました!
ストーリーやゲーム内容について、サクッとご紹介します(´∀`*)

ちなみに、COD シリーズはMW2(PS3)以来のプレイとなります。
※ネタバレ注意!

1572

まずはゲームタイトル画面。

1573

ゲームのホーム画面はシンプルそのもの。

1574

まずは難易度をレギュラーにしてプレイします。

1575

ゲーム開始!

1577

World at War (WaW)ではドイツ軍と日本軍が敵でしたが、今作ではドイツ軍だけが敵となります。

1578

主人公のダニエルズ
弱かった過去の自分との決別を果たすために奮闘するナイスガイ。

1580

激戦を共にする仲間を紹介していきます。

某国民的Youtuber に激似なこの男の名前はスタイルズ
カメラマンになることが夢らしく、常にカメラを携帯し印象的な光景を撮影しています。

1581

一回プレイしただけではキャラが全く掴めなかった男、アイエロ
冗談抜きで一緒に戦っていた記憶がありません・・・(´・ω・`)

いた?
マジで!?

1582

鬼上官といった風貌のピアソン
戦場では常に同行することになる上、ストーリーで精神的成長も描かれる準主人公的な存在。

1583

冷静かつ仲間想いの上官、ターナー
真逆の性格のピアソンと衝突するシーンが度々描かれます。

1584

そして、最後にご紹介するのがザスマン
ヒロインです(断言)

1585

ストーリーはノルマンディー上陸作戦から始まります。
上陸するまではWaW の上陸シーンとほとんど同じ演出でしたね(;´Д`)

1586

ここでいきなり死にまくりました(´Д⊂)
最後までプレイしましたが、ここが一番難しいんじゃないかな? 笑

もしも私がノルマンディー上陸作戦に参加していたら・・・
1秒も経たないうちに死んでいたでしょうね(´・ω・`)

いや、上陸する前に船酔いで死ぬかも。

1587

今作にはCOD シリーズお馴染み(?)の乗り物兵器がたくさん登場します。
画面は高射砲で飛んでくる戦闘機を叩き落しているシーン。

1588

ジープで爆走!
操作感は昔のレースゲームって感じですね(´∀`)

1594

シャーマン戦車で市街地を闊歩していくシーン。
この後は熱い戦車戦が展開されます。

1597

P47サンダーボルトを駆る、エースコンバット的な戦闘もあります。

一見楽しそうですが・・・
飛行機の形をした風船かな?ってくらい操作性が悪くて、爽快感に欠けていました。

1590

乗り物の説明はこれくらいにして・・・

第二次世界大戦と言えば、火炎放射器ですよね!Σ(゚д゚;)
しかしながら、弾数無限だったWaW と比較すると大幅に弱体化されています。

1591

今作にはスニーキング(潜入)パートもあります。

これまでのシリーズでも似たような展開はありましたが・・・
SNIPER ELITE4 をプレイしたばっかりだったので、正直チープに感じてしまいました(´・ω・`)

1595

子どもとクマさんを抱きかかえながらのスニーキングという変化球もあり 笑
こういうテンポの悪いパートは一度プレイしたらもう二度とやりたくないです(;´Д`)

1593

続いてグラフィックについて。
普通のPS4 でプレイしていますが、素晴らしいクオリティだと思います。

精緻に描写された美しいパリ市街。
この街並みを再現するのに一体どれくらいのお金(と労力)を費やしたのでしょうか・・・!?

1596

雨中の戦闘シーン。

最初にこのシーンを観た時、しばらくの間「ここは実写なんだ~」と勘違いしていました!
CG もここまで来たかって感じですね・・・

1589

わんちゃん(狼)の毛並みもふっさふさ。
モフモフしたいぞ(*´Д`*)

でも・・・
こいつ、死んでるんだぜ(´・ω・`)

1598

このゲームは激しい戦闘と美しいグラフィックを堪能して終わりではありません。
第二次世界大戦中にナチス・ドイツが犯した大罪の一端に触れることもできます。

そう、ここはとある人物を探すために訪れる放棄されたユダヤ人強制収容所。
短いですが、とても印象的なシーンでした。

このシーンを描くためだけにCOD:WW2 は創られたんじゃないかとすら思えます。

1599

1600

1601

1602

ストーリーは一応(?)ハッピーエンドで終わります。

最後のステージはそれっぽい雰囲気が全然なかったので拍子抜けしました(;´Д`)
淡々と終わってしまった感じですね・・・

さて!
クリアした感想ですが・・・

良作ってところかな(´∀`)
100点満点なら70~80点くらい。

いくつかポイントを絞ってご説明を。

・ストーリー

 キャンペーンモードの命とも言えるストーリーの作り方に難があるように感じました。
 主人公たちの人間ドラマに重きを置きすぎて、プレイヤーが置いてけぼりになっています。

 FPS の醍醐味は自分が主人公になりきって戦えるということでしょう。
 
 ですが、今作の主人公であるダニエルズは自分なりの信念を持った立派な大人です。
 そんな彼と自分をうまく重ね合わせることのできるプレイヤーはそう多くないと思います。

 結果、プレイヤーはダニエルズでも傍観者でもない非常に曖昧な立ち位置を強いられます。
 
 これで感情移入しろって言われても、正直難しい(;´Д`)
 FPS の主人公にはあまり自我を持たせないでほしいなぁ・・・

 まぁ、この辺は個人の好みですけどね(´∀`)
 
・演出

 もはやお約束となったド派手な演出は今作にもたくさんあります。
 
 いや、たくさんというか・・・
 ほぼ全ステージにありますΣ(゚д゚;)

 PV 受けを狙うとこうなってしまうのでしょうね。
 サプライズは程々に抑えた方が面白いんじゃないかな?
 

続いて、ゲームシステム的なお話。
良いところは挙げきれないので、ダメなところだけピックアップ。

・QTE がウザイ
 
 QTE(正しいボタンを押さないと死亡する)やボタン連打要求がウザすぎ。
 私には何が面白いのかさっぱり分かりません。

 それほど回数は多くないのが救いかな・・・

・体力回復の仕様がダメ

 体力回復は時間制で良かったのに、どうしてアイテム制に変えてしまったのでしょうか?
 
 初めてモダン・ウォーフェアをプレイした時は革新的なシステムだと感心したものですが・・・
 スタッフの方々はそう思ってはいなかったという事なのでしょうね。

 回復アイテム切れで進めなくならないように、難易度は過去作よりも易しくなっています。
 あちこちに大量の回復アイテムを置くくらいなら、時間制で良かったんじゃねって話です(´・ω・`)

 例えベテランモードでも、回復アイテムが無くて困るなんてことにはなりません。
 WaW の地獄のような戦闘が懐かしいわ・・・(;´Д`)
 
・味方が邪魔

 補給役としては重宝しますが、クリアリング能力は基本的に皆無。
 味方ってこんなに弱かったっけ?

 おまけに、ちょくちょく主人公より先に絶好の銃撃ポイントに陣取っちゃうんですよね(;´Д`)
 「前に立つなや!」と声に出しちゃうことが何度もありました 笑
 
・吹き替え音声の音量調整がダメ

 吹き替え音声のボリュームが妙に大きかったり小さかったり。
 イヤフォンだとそうでもないですが、テレビだと違和感が凄い。
 
 アップデートで修正してくれないかな?
 

以上。

期待が大きかっただけに酷評気味になってしまいましたが、なかなか楽しめたと思います(*´Д`*)
もし気になっているのであれば是非プレイしてみてくださいね!

1604

収集アイテムコンプリートは面倒なのでしませんが、ベテランモード制覇は狙います!
次回以降は「参考になるようであまり参考にならないベテランモード攻略編」をお送りします(´∀`)

1606

そういえば、オンライン対戦をするにはプレイステーションプラスへの加入が必須とのこと。
War モードで遊びたいのでこれを機に加入しておこうかな・・・?

1607

えっ?

年間5千円もするの?

マジか・・・

よし!

じゃあ、いいわ(´・ω・`)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それではまた明日!

【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-11-03