こんにちは! 本日は聖地ニュルブルクリンクで市販FF車の最速ラップを叩き出した「新型メガーヌR.S. トロフィーR」の走りをご紹介します(*‘ω‘ *)

まずは最速ラップの動画をご覧ください(ルノー公式)


とにかく半端ないっす(*‘ω‘ *)

全く乱れるそぶりが無いですね。AWDみたいな走りです。

やはり新型メガーヌR.S.のポテンシャルの高さは魅力的・・・!

今回ご紹介した「トロフィーR」は、一応「市販車」として販売されることになっていますが、供給台数はごく限られたものとなるでしょう。また、価格帯も通常モデル(日本仕様は440万~)よりも大幅に上昇することは明らかで、おそらく600万円弱になるのではないかと私は予想しています。なお、サスペンションなどはこれでもかと強化されているはずですから、普段乗りに使用するにはつらいものがあるでしょうね(´・ω・`)

法定速度が異常に低い日本ではトロフィーRの真の性能の10~20%しか発揮できないでしょうから、マイカーとしてはちょっと微妙かなというのが正直な感想です。しかしながら、今回のことで、通常モデルのメガーヌR.S.が欲しいという気持ちはさらに強くなりました。やっぱり速いクルマってカッコいいですよ 笑

シビックタイプR(FK8)のニュルスペシャルも登場する!?

少し前、レスポンスに現行シビックタイプR(FK8)の特別モデルの記事がアップされていました。通常モデルですらトロフィーR並みに速いので、おそらくは最速の称号を奪還することになるはず。そのモデルが日本に導入されるかは微妙なところですが、ボディの一部にカーボンが使用されるとのことですから、価格は600~650万円くらいになりそうな予感。ま、私には買えませんが(´・ω・`)

レスポンスの該当記事のURLはこちら。
https://response.jp/article/2019/04/27/321851.html

いずれのモデルも速さはそう変わらない。ならば・・・

メガーヌR.S.とシビックタイプR、いずれも走りに関してはぶっ飛んでいるモデルで、価格はほぼ同じと考えれば、最終的にはデザインが決め手になるのかな。写真で見る限りはメガーヌR.S.の方が好みなのですが、内外装の質感などは実物を見てみないと分かりませんね。

再来月あたり、やっぱりディーラーに行ってみようかしら(*‘ω‘ *) N-VANに乗って訪問したらカングーを買いに来たと勘違いされそうですが 笑


最後までお読みいただき、ありがとうございました!