こんにちは! 5日間ほどブログ更新をサボってアマゾンの奥地を探索してきました!

注意事項

攻略サイト等は一切見ていないため、情報が古かったり誤ったりしている可能性があります。ご了承ください。

なお、最新のアップデート(V.0.4.5)でプレイしています。

50時間プレイして分かった「GREEN HELL」の楽しい遊び方

難易度は「公園の散歩(イージー)」がちょうど良い

ジャングルへようこそ(ノーマル)」や「緑色の地獄(ハード)」で遊ぶのが「GREEN HELLの本来の遊び方」だとは理解していますが、体力の消耗があまりに激しいため、昼間に活動して夜に眠るという人間的なサイクルを全く維持できないんですよね(´・ω・`)

その点、「公園の散歩(イージー)」では、よほど激しいアクティビティを行わない限り、夜が明ける6時ころから日が暮れる17時ころまで、普通に体力が残っています。もちろん、合間合間に食事を摂って良い栄養状態をキープする必要はありますが。

とりわけ探索メインで楽しみたいプレイヤーにとっては、難易度は現状「公園の散歩」一択だと思います。これで「ヒル」と「敵対部族」のオン/オフ切り替えができたら文句なしなのですが、今のところはできません。製品版に期待ですね。

効率よく探検するには

現状のサバイバルモードにはマップがないため、効率よく探索を行うには、探索済みのところとそうでないところをはっきり区別する必要があります。

私がオススメするのは、木の「骨組み」を使ってマーキングする方法です。

ポイントは「骨組み」を決して完成させないこと。リアルさの欠片もありませんが、未完成の状態だと昼夜を問わずホワイトでハイライト表示されるため、めちゃくちゃ目立ちます。

一度訪れた洞窟や細い道には「小さな火」を設置しておくと良いでしょう。もちろん、完成させないでおきます。

夕方16時ころになったら、野営の準備をしましょう。マップの至るところに「ここでキャンプしてください」と言わんばかりの平場がありますので、見かけたら都度「骨組み」でマーキングしておき、野営の際に利用します。

野営に最適な場所は水辺の近くですが、無理は禁物。暗くなる前に設営を終えられるように、16時30分までには野営の場所を決めましょう。

最悪水を得られない場所であっても、ココナッツの殻や亀の甲羅を地面に置いて雨水を蓄えておけば、一晩くらいは何とかなります。ただし、この方法が使えるのは最初の二週間くらいまで。サバイバル生活30日目くらいになると、乾季に入ってしまうのか、雨が全く降らなくなるからです。
※もしかしたら、ただのバグかも

探索完了までどれくらいかかる?

現在のバージョンでは、効率よく探索を行えば、10~15日(ゲーム内時間)で終わるかと思います。方向音痴な私は19日かかりましたが・・・(´・ω・`)

なお、ロードマップによれば、製品版のリリース時に新マップが追加される予定となっています。

自然破壊はほどほどに

10時間くらいかけて、これでもかと森林を破壊してみました。マップ全ての木を伐採するつもりでしたが、徐々に動作が重くなっていき、フリーズには至らなかったものの、最終的にセーブデータのロードができなくなりました。

「GREEN HELL」では、地面に放置されたオブジェクトを全て律儀に保存しています。大量に伐採を行いそのまま地面に放置していくと、ある時点で読みだすデータ量の上限を超えてしまうのかもしれません。短期間のサバイバル生活で気にする必要はありませんが、長期間のサバイバル生活を狙っているのであれば、自然破壊は必要最小限度にとどめ、余った木などは全て材料として使用するか破壊するようにしましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!
次回から発見した名所(?)の数々をご紹介していきます(*‘ω‘ *)