こんにちは! 今日は「GREEN HELL」の名所訪問(最終回)と次回アップデート情報をお届けします。

名所訪問その3:「アナコンダ島」周辺エリア

森の中のキャンプ地

初めにご紹介するのは、「37W19S」にあるキャンプ地。前回でも似たようなキャンプをご紹介しましたが、もしかしたら他にもあるのかも?

レシピ:燻製器

ここで手に入るのは、「燻製器」のレシピです。これを使えば、燻製肉を作ることができる・・・のだと思われます。私は作ったことありませんが(´・ω・`)

レシピは、通常のものと竹製のものの二種類。

【燻製器】

  • 長い棒×4
  • 小さい棒×6
  • バナナの葉×4
  • ロープ×3

【竹の燻製器】

  • 長い竹の棒×4
  • 竹の棒×14
  • ロープ×6
  • バナナの葉×5

「竹の燻製器」は、大型な分クラフトに手間がかかるようです。

切断されたリフト

サバイバルものの定番で、「ようやく見つけた脱出手段が、何者かによって無力化されている」という展開がありますが、まさに同じものが存在しています。場所は「40W19S」。

小さな洞窟の先にあるのは、小型発電機とリフト。一瞬、ここから脱出できるのかと希望を持ってしまいましたが、残念ながら昇降機は100mくらい下の地面に落下しています。製品版で実装されるストーリーモードでキーになる場所なのかもしれませんね。

レシピ:くくり罠

出入り口付近には「くくり罠」が仕掛けられています。基本的には野生の動物を捕まえるためのものですが、視界の悪い夜間であれば、人間を狙うトラップとしても使えるかも?

レシピは以下のとおり。

  • 丸太×2
  • 長い棒×1
  • ロープ×8
  • 棒×2
  • 小さい棒×8

ウォータースライダー

ウォータースライダー的な感じで前回ご紹介したエリアへと移動できるスポットがあります。場所は「37W24S」で、竹の橋まで戻るのが面倒なときは便利かもしれません。

小さな滝と小さな隠れ家

特に何かがある訳ではありませんが、わざわざ丸太をかけてあるので一応ご紹介しておきます。仮に「PUBG」のようなバトルロワイヤルモードが実装されたら、隠れる場所としては最適かもしれませんね(*‘ω‘ *)

アナコンダ島

大きなアナコンダの死骸が飾ってある(?)竹の橋を渡った先にある目玉スポット。アップデートで追加された要素のいくつかは、ここでアンロックすることができます。場所は「35W25S」です。

レシピ:えび用の罠

面白いようにえびがたくさん捕れる「えび用の罠」。えびを捕まえようとして、うっかり汚れた水を飲んでしまわないように注意しましょう。なお、えびは異常な速さで腐ってしまうため、捕獲後はただちに加熱調理する必要があります(^O^)

※えびの異常な腐敗速度は、バグだったのか後日修正されました。

レシピは、以下のとおりです。

  • 竹の幹×1
  • ロープ×2

シンプルなレシピなので、えびが捕れるところには2~3個設置して置くといいかも。

レシピ:釣り竿

ここでは、木に立てかけられている釣り竿をゲットすることができます。同時にレシピもゲットできるので、以後、どこでも釣りをすることができるようになります。

レシピはちょっと複雑。

  • 長い棒または長い竹の棒×1
  • ロープ×1
  • 鳥の羽根×2
  • ナッツの殻×1

ウキまで備えた本格的なタックルを作ることができます。なお、「ナッツの殻」は、大木の近くに落ちている「ブラジリアンナッツ」から入手することができます。

レシピ:釣り針

釣り竿のレシピと同時に「釣り針」のレシピも入手します。

  • 魚の骨または骨の針

もうピラニアなんて怖くない

釣り道具一式があれば、ピラニアに噛まれるリスクを負ってまで水辺で漁をする必要は無くなります。ちなみに、エサをセットすることで魚が釣れやすくなるみたいです。

レシピ:釣り竿罠

のんびり釣りをするのは性に合わない・・・そんな方は、「釣り竿罠」を設置しておくと良いでしょう。これもエサを付けなくても普通に釣れます。釣れる魚は、ピラニア、ピーコックバス、アロワナといった比較的大型の魚です。レシピは以下のとおり。

  • 丸太×2
  • 長い棒×1
  • ロープ×4
  • 小さい棒×2
  • 釣り針×1

次回のメジャーアップデートは「MUD BUILDING UPDATE」

当初の工程表では、2019年の春には製品版がリリースされる予定でしたが、2019年3月13日のSTEAMストアニュースで「2019年の夏」に延期するとの発表がされました。プレイする側としては、多少時間がかかっても全然OKなので、これでもかと作りこんでいただきたいですね(*‘ω‘ *)

そして、続く3月23日のニュースでは、次回のメジャーアップデート「MUD BUILDING UPDATE」での追加要素が発表されました。

  • 新しい建築物が追加
  • クラフト材料に「鉄」が追加
  • 衛生要素が追加

新しい建築物

建築物の充実については諸手で歓迎しますが、それに併せてクラフトの簡略化にも着手して欲しいですね。個人的には「Fallout4」ぐらいにまで省略してくれないと、ちょっと建築しては休んだり食事したり原住民と戦ったりで、かなり大変なのですが・・・

新たな材料:鉄

鉄は武器だけでなくアーマーにも使用できるそうなので、鉄の騎士みたいな恰好でサバイバルできるのでしょうか? どんな感じになるか、楽しみですね(^O^) まぁ、私は未だにアーマーの作り方が分からないのですが 笑

衛生要素

現行のバージョンでも「汚れた水」と「不衛生な水」がマップ上に存在していますが、アップデート後は「不衛生な水」に気を付けないと、何かしらの感染症に罹ってしまうのかもしれませんね(´・ω・`) 


次回は、ちょっと流れが前後してしまいますが、「名所訪問その1」でご紹介した漁師小屋跡へと向かうプレイ動画をご紹介したいと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました!