こんにちは! HONDA N-VANの2018年12月までの新車販売台数が公表されたのでまとめてみました。

軽四輪車通称名別新車販売台数について

一般社団法人全国軽自動車協会連合会(全軽自協)のサイト(https://www.zenkeijikyo.or.jp/)で統計データが公開されています。

トップページにある「統計資料」の「軽四輪車 通称名別新車販売速報」をクリックすると、車種ごとの詳細な販売台数を調べることができます。

軽貨物界の異端児N-VANは何台売れたのか

テーブルで簡単にまとめてみました。スマホでご覧の方は数字が縦書きになって読みづらいかもしれませんので、その場合はスマホを横にしてみてください。

車名 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
N-VAN 3,053 2,567 4,029 5,523 5,563 3,704 24,439

2018年7月12日のホンダのニュースリリース(https://www.honda.co.jp/news/2018/4180712-n-van.html)によれば、N-VANの計画販売台数は月間3,000台となっています。12月に少し落ちているのが気になりますが、今のところ順調に売れていると言って良いでしょう! オメデトウ!

ライバルとの比較

ライバルであるスズキ・エブリィダイハツ・ハイゼットカーゴの販売台数との比較です。

車名 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
N-VAN 3,053 2,567 4,029 5,523 5,563 3,704 24,439
エブリィ 5,503 4,357 6,325 6,013 11,472 5,091 38,761
ハイゼットカーゴ 5,219 3,889 4,147 5,405 6,692 5,195 30,547

残念ながらN-VANは最下位です(´・ω・`)マジカ・・・

2018年8月21日のニュースリリース(https://www.honda.co.jp/news/2018/4180821.html)で14,000台を超える受注があったと発表されていることから、7月と8月のスタートダッシュ失敗(生産台数が少なすぎた)がなければ、もう少し健闘できていたかもしれません。


ちなみに、2018年におけるエブリィの総販売台数は76,611台で、月平均にすると約6,400台。11月に大きく販売台数を稼いだこともあり、年間販売台数を上半期と下半期でちょうど50%ずつ分ける形となりました。

一方、ハイゼットカーゴの総販売台数は70,139台で、月平均にすると約5,850台。上半期の販売台数(約40,000台)と比較すると、下半期では25%程度減少しているようです。

N-VANがこの先生きのこるには

N-VANの発売以後、エブリィの販売台数はほぼ横ばいでしたが、ハイゼットカーゴの販売台数は25%の減と顕著でした。しかしながら、N-VANがその2台のマーケットを奪えているのかどうかは、まだ判断しかねるところです。

今のところは堅調に売れているN-VANですが、今後も一定の販売台数をキープしていくためには、以下のような改善を行って従来の軽貨物との違いをより明確に打ち出していく必要があるのではないでしょうか?

  • サイド/カーテンエアバッグの標準装備
  • 前後ドライブレコーダーの標準装備
  • ツートンカラーの追加
  • 旋回性能の改善
  • 運転席シートのさらなる品質向上(主に座り心地)

少し高望みしすぎかな?(´・ω・`)
お値段は間違いなく上がっちゃいますけどね・・・

次回は2019年上半期の結果発表待ち

私の予想は3,500台×6カ月=21,000台
良いクルマなので、いっぱい売れてほしい!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!