こんにちは! 今日はHONDA N-VANの燃費記録をお届けします(通算5回目)。

春先から初夏にかけての燃費記録

今回から純正装着タイヤの「ブリヂストン・エコピアR680」に履き替えての燃費記録となります。遠出する機会が多かったため、燃費については好記録が期待できそうです。

その分タイヤはゴリゴリ削れていますけどね(´・ω・`)

走行パターン

  1. 交通量の少ない郊外道路メイン
  2. 300Kmくらいの遠出あり(2回)
  3. エアコンは23℃設定(オートモード)で固定
  4. 極端な登板時を除いてECONモードで走行
  5. エンジンスターターは封印
  6. 積載量はほぼゼロ、遠出の際は20~70Kgくらい積む

※私のN-VANはプラススタイルファン・ターボ・4WDです。

車載燃費計では

車載の燃費計の数値(総走行距離÷燃料消費量)は、14.7Km/Lから15.5Km/Lまで改善しました。

今回の燃費記録

実際に計算してみましょう。

  • 総走行距離:1,309Km(メーター読み)
  • 総給油量:78.33L
  • 今回の燃費:1,309Km ÷ 78.33L = 16.7Km/L

もう少し伸びるかと思っていましたが、それでもまぁまぁの好記録と言えるでしょう!

走行距離が4,000Kmを超え、エンジンがスムーズに!?

納車から9ヶ月で、走行距離が4,000Kmを突破しました。

昨今のエンジンには慣らし運転なんて不要だそうですが、私のN-VANのエンジンはというと、ここにきて絶好調になってきました。ECONモードを解除しての全開加速が、ものすっごく気持ちいいのです。キックダウンした時の「シャァァァァァッ!!」とキレッキレに回るエンジンの感触は、S660のそれを上回っているかもしれません。しかしながら、個人的なベスト・オブ・三気筒である「VW 1.0TSI」と比較すると、それでも「まだまだ」といったところでしょうか。軽自動車ではこれが限界なのかな・・・?(´・ω・`)

なお、エンジンフィールの変化については、長距離走行によって「単にバッテリーのコンディションが良くなっただけ」という可能性もありますので、来週末にでもバッテリーの状態を確認してみようと思います。

次回の燃費記録は

次回は夏の燃費記録をご紹介します。N-VANは昨年の9月末に納車されたため、夏は初体験。さてさて、どうなることやら(*’ω’*)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!