こんにちは! 待望の「SNIPER ELITE V2 REMASTERED」がついに発売となりました!! 早速ご紹介いたします(^O^)/

「SNIPER ELITE V2 REMASTERED」とは

SNIPER ELITE V2 REMASTERED」は、傑作TPSゲーム「SNIPER ELITE」シリーズの最新作です。ただし、最新作と言っても旧作「SNIPER ELITE V2」の4Kリマスター作品ですので、お間違えのないように。

開発元及びパブリッシャーはRebellion(https://rebellion.com/)。STEAMでは2019年5月15日(水)午前0時からダウンロードが可能になりました。

基本価格は3,600円ですが、旧作「SNIPER ELITE V2」を購入済みの方は、1,010円のアップグレードパッケージ「Sniper Elite V2 Remastered UPGRADE FOR ORIGINAL OWNERS」を購入するだけでプレイ可能です。全てのDLCが最初からインストールされているので、結構なお買い得価格となっていますよ!

本作は、記念すべきシリーズ初の日本語対応作品(日本語UI、日本語字幕)。今後のためにも、未プレイの方はもちろんのこと、旧作をやりつくした方にも是非プレイしていただきたいですね(*‘ω‘ *)

なお、海外ではPS4版もリリースされています。日本語が収録されているかは未検証なので、どうしてもPS4でプレイしたいという方向けといった感じですが、一応Amazonなどで購入できるようです。

ストーリー

物語は、ノルマンディー上陸作戦(1944年6月)が成功するなど、ドイツ軍の敗北がほぼ決定的となったころのドイツ・ベルリンが舞台。時期的には続編の「SNIPER ELITE 4(1943年7月前後)」よりも後です。

このころ、ドイツ軍はV2ロケットを実用化して連合軍への反攻を試みましたが、戦況を覆すほどの成果を上げることはできませんでした。一方の連合軍は、圧倒的な物量によりドイツ軍をはじめとする枢軸軍を次々と撃破し、ついにはドイツの首都ベルリンを完全包囲するに至りました。誰もが眼前の勝利に熱狂する中、連合軍として共に戦っていたアメリカ軍とソ連軍だけは、既に戦後を見据えていました。

次の戦争ではロケット兵器及びミサイル兵器が主力となることを確信していた両軍は、ドイツ軍のV2ロケット技術を我が物とするために、あらゆる手段を用いて、ドイツ人技術者を自国へと亡命させようとしていたのです。

主人公であるカール・フェアバーンは、ドイツ人技術者がソ連軍の手に落ちるのを防ぐため、単身ベルリンに乗り込み、自ら「最も困難な任務だった」と振り返るほどの過酷な戦いに身を投じるのでした。

早速ゲームをプレイ

こちらがメニュー画面ですね。

日本語です。

感動です!!(´;ω;`)ブワッ

今回は「シングルプレイ」をちょっとだけご紹介していきます。動画はありませんが。

難易度は「カデット(イージー)」「マークスマン(ノーマル)」「スナイパーエリート(ハード)」の三種類。本作では、弾丸が風や重力の影響を受けるのは「マークスマン」以上の難易度だけです。「SNIPER ELITE 4」にあった「エイムアシスト」が存在しないため、気楽に遊びたいのであれば「カデット」で遊ぶのがオススメです。

ミッション開始前のブリーフィング画面。ミッションの背景が語られるほか、マップ内の特徴的な建築物などの写真を閲覧することができます。

先ほどの画面でR1ボタン(本作はPS4コントローラに完全対応)を押すと、ミッションマップを閲覧することができます。本作のマップは、近代的なマップが実装された「SNIPER ELITE 4」とは異なり、当時のスパイが実際に書いたようなものになっています。趣があって私は好きですね。

さらにR1ボタンを押すと、武器選択画面へと切り替わります。全てのDLCがインストールされているため、アンロック要素などはない模様。「SNIPER ELITE 4」では面倒に感じたアンロック要素ですが、ないとそれはそれで寂しいものです 笑

さらにR1ボタンを押すと、キャラクター選択画面へと切り替わります。カール・フェアバーンのほか、「Zombie Army」シリーズのキャラクターを使って遊ぶことができるみたいです。「Zombie Army」はプレイしたことがないのでよく分かりませんが・・・

ゲームプレイのスクリーンショット。グラフィックについては、HD画質でプレイしている限りは「SNIPER ELITE 4」の方が若干上のような印象です。

レントゲン写真のようなキルカメラ演出は健在。演出の発生頻度はオプションから調整することができます。

ストーリーパートの字幕はもちろんのこと、他愛のない敵兵の会話まで全て日本語化されています。文字は相変わらず小さいですが、翻訳はほぼ完璧だと思います。

本作のコレクションアイテムは「金塊」と「ボトル」。マップの各所に配置されているので、隅々まで探索してコンプリートを目指しましょう!

金塊」は色々なところに無造作に置かれているため、見逃さないように注意してください。近づくとキラキラ光るので、見つけやすいはずです。稀に、トイレに突っ込んであることもあります 笑

ボトル」は、マップのオブジェクトと同化していることが多く、探すのにかなり苦労すると思います。私は全然見つけられていません(´・ω・`)

発見したら狙撃して破壊しましょう。周囲の敵を先に排除するのを忘れずに!

ポーズメニューを開くと、コレクションアイテムの取得状況を確認することができます。

ミッションクリア後は、ゲームスコアやコレクションアイテムの獲得状況、そしてプレイ時間などを閲覧することができます。プレイ時間30~60分くらいのミッションが多いみたいですね。サクッと遊べます。

買いか?

本作「SNIPER ELITE V2 REMASTERED」をプレイすると、いかに「SNIPER ELITE 4」の完成度が高かったかを再確認させられることになります。マップは基本的に一本道で、攻略の自由度は決して高くありません。また、ステルスプレイの必要性に乏しく、ライフルでガンガン敵を撃ってゴリ押しするシーンが多いです。

圧倒的な自由度を確保した上で高度なステルス戦略が求められた「SNIPER ELITE 4」と比較してしまうと、「やっぱり旧作だなぁ」と言わざるを得ません。特に、ステルスプレイだけを楽しみにしていると肩透かしをくらうことになるでしょう。

しかしながら、旧作未プレイの私はというと、かなり楽しくプレイできています。リマスターされた画質で、それも日本語でプレイできるのですから、多少の粗はご愛敬です。日本のファンに向けてリリースしてくれたことへの感謝、それが大きいですね。

さて、そろそろまとめます。

SNIPER ELITE V2 REMASTERED」のおすすめ度は・・・

  • 旧作をセールなどで購入したが、色々あって未プレイだった方⇒1,010円は安い! おすすめ!!
  • 旧作をプレイ済みで、日本語MODなどで日本語化もしていた方⇒今後のためにも買っていただきたく・・・!!
  • 旧作をプレイ済みだが、英語だったから内容はサッパリだという方⇒1,010円は安い! おすすめ!!
  • 旧作を持っていなく、もちろん未プレイという方⇒オススメはしますが、旧作であることをお忘れなく。

個人的にはこんな感じですね(*‘ω‘ *) ご参考いただければ幸いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!