こんにちは! 今日はHONDA S660のマイナーチェンジについて語りたいです(´・ω・`)

2020年1月10日、「S660 / S660 モデューロX」をマイナーチェンジ

少し前から受注停止になっていた「S660 / S660 モデューロX」でしたが、2020年1月10日、晴れてマイナーチェンジとともに販売が再開されました。

詳しくはホンダのプレスリリース(https://www.honda.co.jp/news/2020/4200110-s660.html)にてご確認ください。

マイナーチェンジの主な変更点

ここでは「アルファ」グレードの変更点を箇条書きでご紹介します。

エクステリア

  • ボディカラーに国内初となる「アクティブグリーン・パール」を追加
  • フロントピラーを「テープによるブラックアウト」から「ボディ同色」に変更
  • ヘッドライトのリフレクターを「シルバー」から「ブラック」に変更
  • グリルのデザインを変更
  • フロントバンパーに「アクセサリーライト(デイライト?)」を追加
  • サイドターンランプ(サイドウインカー)を廃止
  • サイドミラーにウインカーを追加
  • テールランプのインナーレンズを「レッド」から「クリア」に変更
  • ハイマウントストップランプのレンズを「レッド」から「クリア」に変更
  • アルミホイールのデザインを変更

インテリア

  • ステアリングの一部の素材を「パンチング・レザー」から「アルカンターラ」に変更
  • シフトノブ(MT/CVT)の素材を「レザー」から「アルカンターラ」に変更
  • シート(運転席/助手席)にホワイトストライプを追加
  • シートヒーター(運転席/助手席)を追加
  • インテリアランプを「ハロゲン球」から「LED球」に変更

その他

  • 価格が微妙にアップ(2~3万円程度)
  • マイナーチェンジに合わせてホンダ純正アクセサリーのラインナップと一部デザインも変更

事前のリークどおり、大幅な変更はありませんでした。

前期型と後期型、どちらが買いか?

新色「アクティブグリーン・パール」は後期型のみの設定

新色である「アクティブグリーン・パール」の色見本をディーラーで見せてもらいましたが、とっても素敵な色でした。晴れた日に海沿いのワインディングを走ったら、イイ感じに「映え」そうです(*‘ω‘ *) 新しいカタログにもそんな感じの写真が多数掲載されています。

ファミリーカーにはあまり馴染みのない色ですが、ランボルギーニなどの高級スポーツカーでは同系色が普通に採用されています。おそらくホンダも意識していることでしょう 笑

S660にこの色が見合うかどうかは皆さまの判断にお任せしますが、この色のS660が欲しい場合は、後期型を買うほかありません。

オープン走行に必須の「シートヒーター」も後期型のみの設定

シートヒーターは、大抵のオープンカーには初めから設定されているものであって、特別な装備という訳ではありません。これまでS660に設定されていなかったのが不思議だったくらいです。同じ軽オープンカーである「ダイハツ・コペン」には、当然のように標準装備されていますからね。

前期型オーナーとしてはあまり言いたくありませんが、後々、前期型の下取り価格にも影響しそうな予感。

アルカンターラはどうなんだーら?

後期型では、インテリア素材の一部に「アルカンターラ」が用いられています。高級車ではお馴染みの素材ですが、軽自動車での採用例はあまり多くないようです。アルカンターラは、触り心地が良いんですよね(*‘ω‘ *) 

「アルファ」グレードでは、ステアリング(3時と9時の部分)とシフトレバー(グリップ部分)にアルカンターラが用いられています。高級素材のためか、よく手に触れる部分のみの限定的採用ですが、毎回触れる部分だけに、満足感は高いでしょう。MT車の場合は、オプション設定されているアルカンターラ製のシフトブーツも装着したいところ。

ちなみに・・・

「アルカンターラって、聞いたことはあるけどよく分からない」という方もいらっしゃるかもしれないので、以下にウィキペディアより転載しておきます。私もよく知りませんでした。

アルカンターラ(Alcantara)は、アルカンターラ社が製造・販売する商標登録されたカバリング素材。カーボン・ニュートラル認証を取得しており、デザイン、ファッション、アクセサリー、家電、自動車、船舶内装等の幅広い分野で採用されている。

アルカンターラの組成は約68%のポリエステルと約32%のポリウレタンからなり、耐久性と洗濯クリーニング性が高い。外観と触感は 天然スエードに近く、取り違えることもあり得るほどである。また一部の製品は家具や自動車内装用途における難燃基準に適合した加工が施されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

要は、高級感のある人工皮革(フェイクレザー)です。様々な加工を施すことが可能であり、それ故に高度な耐久性が要求される自動車素材にピッタリ、ということですね。

エクステリアは「好み」の問題

エクステリアについては、大幅な変更がなかったため、評価は人それぞれ。好みの問題といって良いでしょう。なお、私の主観は以下のようになっております(´・ω・`)

  • フロントピラー:前期型の黒い方が好き。
  • ヘッドライト:前期・後期、どちらでも〇。
  • グリル:前期・後期、どちらでも〇。
  • アクセサリーライト:あると便利。
  • サイドウインカー:サイドミラー一体型の方が好き。
  • テールランプ:基本はレッド派だが、S660はクリアでも悪くない。
  • ハイマウントストップランプ:前期型のレッドが好き。
  • アルミホイール:どちらかというと前期型が好き。後期型はSUV用っぽい。

この記事をお読みの皆さまは、前期型と後期型、どちらがお好みですか?

結論

新車にこだわるなら後期型

もともと新車狙いだった方は、心置きなく後期型を買ってください。前期型の新車を買い逃したとしても、全く問題ありません。前期型も後期型も変わらず楽しいクルマです。

新車にこだわらないなら前期型

後期型の登場により、短期的には前期型の価格が下落するでしょう。

前期型は、登録から最大で5年経過してはいますが、低走行でほぼ新車同然の個体が簡単に見つかります。仮に多少走行距離が嵩んでいたとしても、初代N-BOXと同じエンジンのため、事故車でもなければ不具合など全くありません。そして、肝心の走りに関しては、前期型も後期型も完全に同じです。

にもかかわらず、前期型の中古車は、後期型の新車よりも50~100万円ほど安く入手することができます。新車へのこだわりが無いのであれば、前期型の中古車を購入するのが賢い選択といえるでしょう(*‘ω‘ *)

おまけ:MTを選ぶ理由、CVTを選ぶ理由

ギアレバーをガチャガチャといじりまわしたいならMT、普段は楽に運転しつつ攻める時は本気で攻めたいならCVTを選ぶと良いです。

なお、燃費については、MTが20.6Km/L、CVTが20.0Km/Lとなっており(いずれもWLTCモード)、どちらもほとんど変わりません。

最後に:マイナーチェンジ後のカタログについて

お世話になっているディーラーから頂いたマイナーチェンジ後のカタログ。

きれいな写真がたくさん載っていて素晴らしいのですが、機能説明などは一切なく、S660がどんなクルマなのか、サッパリ分かりません 笑

これで良いのかな?(´・ω・`;)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!