こんにちは! 超本格的ハンティングゲーム「the Hunter: Call of the Wild」、今回は伝染病に苦しむヨーロッパ・バイソンの駆除という哀しいミッションに挑戦です。

STOP THE DISEASE

今回もミッション説明文をザックリ和訳しますね。(クリックすると大きな画像で原文を閲覧できます)

死体で発見されたヨーロッパ・バイソン(以下「バイソン」)には、ブルセラ症感染の兆候が見られた。ブルセラ症とは、バイソンにおいては流産の原因となる伝染性の病気である。ソマー(彼は初めからバイソンのヨーロッパ再導入には反対であった)は、この狩猟区に住む他の野生動物への影響を憂慮している。バンダリは、ブルセラ症に感染したバイソンの捜索及び駆除への協力を求めている。

かつて絶滅してしまった野生のヨーロッパ・バイソンですが、動物園などで暮らしていた個体を繁殖させて、再びヨーロッパに野生のバイソンを復活させようとする運動が実際に行われているそうです。しかしながら、一度失われてしまった生態系を人為的に元通りにすることは容易ではなく、そこには様々な困難や障害があるとのこと。

本作においても、外から持ち込まれたバイソンがその地に伝染病をもたらしてしまうというショッキングな事件が描かれています。

勉強になるゲームですね・・・!!

ゲーム中のヨーロッパ・バイソンの特徴

超大型の草食動物

最大で1トン近くにもなる超大型の草食動物で、もちろんヒルシュフェルデン猟区で最大の狩猟動物。南西部のリンダーランド(RINDERLAND)地区が主な生息地となっています。再導入の途中で生息数があまり多くないという設定なのか遭遇確率は低めですが、群れで行動することが多く、10頭以上の群れをつくることも珍しくありません。

臭いや音に敏感

とりわけ嗅覚に優れており、風向きを間違えると、あっという間に逃げられてしまいます。視力はあまり良くないとされていますが、生息地であるリンダーランドには身を隠すことのできる茂みが少ないため、伏せ以外の姿勢では普通に見つかってしまうことが多いです。

狩猟難易度はゲーム中でも屈指

今のところバイソンに対応した笛(CALLER)やセント(SCENT)が存在しないため、こちらにおびき寄せて狩猟するという手法が使えません。落ち着いて狩猟できるとしたら、食事や休憩のために立ち止まっているときのみでしょう。

推奨武器はCLASS 3のクロスボウ

推奨される武器のランクは「CLASS 4」とされていますが、熟練のハンターしか所有を許されないCLASS 4の武器をこの時点で持っているハンターは少ないはず。しかしながら、比較的入手が容易なCLASS 3のライフル(7MM REGENT MAGNUM)やショットガン(12GA SLUG)などで致命傷を与えることは極めて困難です。

CLASS 3の武器でオススメなのは、有料DLCのクロスボウ「CROSSPOINT CB-165」です。ゲーム内では無料で使用できるため、ゲーム開始直後からバンバン使用することができます。

クロスボウは、使用する太矢(BOLT)によって武器のクラスが変わります。バイソンを狩猟する際はCLASS 3の「600 GR. BROADHEAD BOLT」をバックパックに入れておくのを忘れずに。

クロスボウのリロードモーションは鬼カッコいいので一見の価値ありです。みんな買ってね(棒

狩猟のコツ

急所の位置は鹿とあまり変わりませんが、急所を少しでも外すと果てしなく遠いところまで逃げられてしまうため、確実に一撃で仕留めることを心がけましょう。真横から左肺と右肺を一度に貫くように狙うとよいです。

クロスボウの有効射程距離は30m程度。慎重に、かつ、素早く接近しましょう。距離を測ることができる双眼鏡「VENTURE 5*30 RANGE FINDER」を持っていくと安心です。

両方の肺をまとめて貫くことができれば、ほぼ苦しませることなく狩猟できるはずです。

パンデミックの現場へと急行

ブルセラ症に罹っていると思われるバイソンが発見されたのは、リンダーランド地区の中央付近。すぐ南にアウトポストがあるので、ファストトラベルで移動しましょう。

バイソンがブルセラ症に罹っているかどうかは、双眼鏡などでスポットする事で確認することができます。さらに、ナビゲーターであるコニさんも無線で教えてくれます。

こちらの行動は常に監視されているというのか・・・!?

ブルセラ症に罹っているバイソンは「SICK BISON」と括弧書きで表示されます。誤って健康なバイソンを狩猟しないように注意しましょう。いや、別に狩猟しても良いのですが。

接近する際は、風下から匍匐前進で移動すること。まず気付かれません。

今回のプレイ動画はこちらです


この続きはプレイ動画にて。お時間のあるときにでもご視聴いただけると幸いです!

なお、動画中で使用したBGM「ヘンデル:《水上の音楽》 第2組曲から 「ホーンパイプ」
」は、「クラシック名曲サウンドライブラリーhttp://classical-sound.seesaa.net/)」さんが公開されているものを使用しました。ありがとうございます。

次回予告

新キャラのフリーシャー(FLEISCHER)さんから、「立派な角を持つレッドディア(アカシカ)を狩ってほしい」との依頼が入りました! 次回は「A TROPHY TO REMEMBER」というミッションに挑戦します!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!