こんにちは! 今日は超本格ハンティングゲーム「the Hunter :Call of the Wild」をPS4コントローラで快適にプレイするための設定をご紹介します(*‘ω‘ *)

基本コントローラでゲームしたい男

PCで本格的にゲームをするようになって5年くらいが経ちましたが、操作の簡単なゲームはマウスとキーボードでプレイするようになったものの、FPSやTPS系のゲームは未だにコントローラを使ってプレイしています。PUBGではコントローラからの卒業を目指して頑張りましたが、結局は挫折し、今では「コントローラでプレイして何が悪いの?(´・ω・`)」と開き直っています 笑

「the Hunter :Call of the Wild」PS4コントローラ設定

一部マウスとキーボードを使う場面がありますが、基本的にはこれで事足りるはずです。

(クリックすると大きな画像で閲覧できます)

PS4コントローラ 役割 本来のキー 備考
十字キー・上 スコープのON/OFF マウス・中クリック 押す度に切り替わる
十字キー・下 ホルスター キーボード・Hキー 銃やスマホの出し入れ
十字キー・左 移動・左 キーボード・Aキー
十字キー・右 移動・右 キーボード・Dキー
左スティック 移動 キーボード・WASD 感度低め
左スティック押し込み ダッシュ キーボード・左Shiftキー
右スティック 視点移動 マウス 感度はゲーム内で調整
右スティック押し込み ヘッドランプ キーボード・Lキー
△ボタン(Yボタン) リロード キーボード・Rキー
☐ボタン(Xボタン) インタラクト キーボード・Eキー
〇ボタン(Bボタン) しゃがみ・伏せ キーボード・Ctrlキー&Zキー 長押しで伏せ(Z)
☓ボタン(Aボタン) ジャンプ・立つ キーボード・Spaceキー
Lボタン ホールドブレス キーボード・左Shiftキー(エイム時) 押す度に切り替わる
Lトリガー エイム マウス・右クリック
Rボタン 移動・前 キーボード・Wキー
Rトリガー 撃つ マウス・左クリック
SHAREボタン スマホの取り出し キーボード・Tabキー 正式名称は「ハンターメイト」
OPTIONボタン メニュー キーボード・Escキー
タッチパッド・上 スキルの使用 キーボード・Fキー 十字キーとして割当
タッチパッド・下 マップ キーボード・Mキー 十字キーとして割当
タッチパッド・左 武器チェンジ・スコープの倍率変更など マウス・ホイール上 十字キーとして割当
タッチパッド・右 武器チェンジ・スコープの倍率変更など マウス・ホイール下 十字キーとして割当
割り当てなし バギーの視点変更 キーボード・Cキー 私はあまり使わない

「△/☐/〇/☓ボタン」には、ゲームパッドとしての設定を適用しています。上の表に書いてある「役割」は代表的なもの。

注意事項

スティックの感度調整は、STEAM内とゲーム内の両方で行ってください

STEAMのコントローラ設定では、左スティックの感度及びデッドゾーンを調整してください。スティックの倒し具合によって移動速度を調整するわけですが、スティックを限界まで倒しても最大入力(Wキーを押した状態)にならないようにします。最大速度で移動すると多くの動物は逃げ出してしまうため、敢えてRボタンにWキーを割り当てて、不要なときには最大速度にならないようにしています。

ゲーム中ではスティック感度を通常時とエイム時でそれぞれ設定できますので、自分に合った設定を探してみてください。エイム時の感度はかなり鈍くして良いと思います。動いている獲物を撃つゲームでは無いので。

なお、私の左スティックの設定は、STEAMのコミュニティにアップロードされている「Shinya」さんのコントローラ設定をベースに、私なりの小変更を加えたものです。設定方法がよく分からないという方は、まずは「Shinya」さんの設定を参考にしてみてください。
※スティック設定以外にも、参考になる部分がとても多いです。

十字キーの左右に割り当てた「Aキー」及び「Dキー」の意味

DLCのバギーは「WASDキー」で操作するので、ジョイスティックでは操作できない場合があります。バギー操作のときだけキーボードを使っても良いのですが、面倒くさいのでRボタンと十字キーの左右で操作しています。

ブレーキである「Dキー」をコントローラに割り振っていないのは、私の環境ではLトリガーがブレーキとして動作しているからです。うまく動作しない場合は、十字キーの下に割り当てた「ホルスター(Hキー)」を「Dキー」に変更してください。

個人的には現時点での最適解。でも、結局は「好み」

今回ご紹介した設定は、私がこのゲームを300時間もプレイした末にたどり着いたものです。しかしながら、決してこれが正解ということではなく、私の好みでしかありません。STEAMでは自由にコントローラの設定を変更することができるので、いろいろな設定を試して自分なりの最適解を見つけてみてください(*‘ω‘ *)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!