こんにちは! 今回はアルビノのダマジカをハンティングします。

JAGER #10: The most beautiful deer I’ve ever seen

鹿が大好きなことで有名なイエーガーさんより、今回はサイドミッションのご案内が届きました。なんでも、「今までに見た鹿の中でも最高に美しい個体」なのだとか。個人的には「美しい」とか「カッコイイ」とかを理由に殺生するのはいかがなものかと思いますが、これはゲームですから、早速ハンティングに向かいましょう(*‘ω‘ *)

ロケーション

ヒルシュフェルデン最南の地「ショーンフェルト」にあるバンカー付近で目撃されたとのこと。すぐ近くにアウトポストが2箇所あるので、風向きに応じてどちらかにファストトラベルしましょう。

持っていく武器は・・・

今回使用するのは「.44 PANTHER MAGNUM」。クラス2のハンドガンですが、威力はクラス3のライフルにも見劣りしません。ダマジカに対しては「オーバーキル」と判定されてしまう武器ですが、確実に仕留めるには最高の武器です。

リボルバー銃はどれもリロードモーションがカッコイイので、私のお気に入りです( *´艸`)

プレイ動画はこちら!


お時間のある時にでもご覧いただけると幸いです。

現地に向かう

お時間のない方はブログでご覧ください 笑

早速発見しました。

今回のようなスペシャルミッションでは、ゲーム起動と同時に、ある程度決まった位置に動物が出現してくれます。しかしながら、プレイヤーが発生させる物音や臭いのせいで、その場から移動してしまうことが殆どです。指定エリア外でのハンティングは無効となるため、失敗したらゲームを一度終了し、再度起動してみてください。

ちなみに、今回のアルビノ・ダマジカの初期発生位置は「バンカーの案内板」が置いてある辺りですが、動画では少し北側の畑地帯に移動していました。

風向きに注意しながら、慎重に近づいていきましょう。雄のダマジカはもともと警戒心が強めですが、今回の個体はさらに少しだけ警戒心が強いのかもしれません。

接近成功! 

確かに、普通のダマジカとは異なるオーラを身にまとっています。美しい・・・

記念に写真をパチリ。トロフィーロッジが導入された今では簡単に希少個体を保存できますが、残念ながら、導入前(動画撮影時)では写真を撮るくらいしかできませんでした。

なお、いつの動画やねんというツッコミはご遠慮ください(´・ω・`)

撮影し終えたら、マグナムでカラダの側面をズドン。ほぼ即死させることができますが、スコアは低くなってしまいます。高スコアを狙う場合は、クラス2のボウガンか.243ライフルを使用してください。

様々な毛皮を纏う動物たち

今回はスペシャルミッションということでアルビノのダマジカが発生しましたが、ミッション以外でも普通に特殊な毛皮の動物が出現します。ただし、出現確率はかなり低く、50~100時間プレイして1回目撃できるかどうか、といったところ。

以下に私が発見した特殊な毛皮の動物たちをご紹介します。

アルビノ・ノロジカ

(クリックすると大きな画像で閲覧できます)

ヒルシュフェルデン北部で発見したアルビノのノロジカと通常のノロジカのカップル。まだこちらには気づいていない様子・・・

(クリックすると大きな画像で閲覧できます)

「何か御用ですか?」

完全に気付かれました(´・ω・`) う、撃つしかねぇ・・・・・・

パイボールド・ノロジカ

ヒルシュフェルデン北部の山中をさまよっていた時に発見した、パイボールド(Piebald、ぶち模様)のノロジカ(雌)。発見した時は、思わず「牛や、牛がおる!!」と叫びました。

違和感しかない・・・

何故かめっちゃ睨まれてるぅ(´・ω・`)

アルビノ・オグロジカ

動画ではまだ未踏のレイトン湖水地方で目撃したオグロジカ(雌)のアルビノ個体。オグロジカなのに尾が白いなんて、ちょっと面白い(尾も白い)ですね( *´艸`)

「あぁん?」

し、失礼しました・・・(´・ω・`;)

パイボールド・ヘラジカ

こちらもレイトン湖水区に生息するヘラジカ(ムース)の雌個体。奥にいるのは通常個体の雌です。ぶち模様の出方も個体によって違うのでしょうか? 膨張色のためか、何となく体が大きく見えます。

普通のヘラジカよりも、ちょっとキュート♡な感じですね(弓矢を構えながら)

パイボールド・マガモ

下段がパイボールドのマガモで、上段が通常のマガモ。雌に近い毛色のため、レアとは気づきにくいかもしれません。ちなみにこのマガモ、雄・パイボールド・ゴールドスコアのトリプルレア個体でした。

鳥やウサギは、生息数が多いのでレア個体がそれなりに発生しているハズですが、体が小さいため見逃す確率も高いです。気付いてから逃がしてしまったら、しばらく立ち直れないかも・・・

次回のミッションは

ちょっと予定が狂いましたが、次回こそはWILD BOARS RAVINGというミッションに挑戦します。野生のイノシシちゃん達が夜な夜な畑でパーリーナイツしている模様。ミッションの依頼主は、お髭が渋い新キャラのマーウィン・トレスラー(MARWIN TRESSLER)さんです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!